2007年03月11日

インフルエンザとタミフル、結果が待たれます。

外国では、子供には日本ほどホイホイ処方しないという『タミフル』

日本のような処方しかたは、珍しいみたいです。

副作用の報告数も日本からの報告が結構多いみたいです。

 

最近副作用のうち精神症状が世間で騒がれています。

しかしながら

これを(幼い子供にも)安心して使えないと将来困るという

現状もあるみたいです。何故かと言うと例えば

普通は人に感染しない鳥インフルエンザが変質して

人に感染して猛威を振るうなどの場合、要するに

新型インフルエンザ対策なのですが

その特効薬と考えられている部分があるのです。

 

精神症状としての行動例としては

寝ていた子が、いきなり起き上がって走る‥とか

幻覚を見て意味不明な言葉を言う‥とか

という巷のウワサです。

 

服用時には観察を怠らないように‥という事ですが

続きを読む
posted by ロン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

炭酸泉と虫しつけ係の看板と‥(葵湯)

葵湯に行ってきました。

スーパー銭湯なのですが、『お風呂』のほかにも敷地内に

『ボディケア・エステ』『和食レストラン』

『旬菜市場(路地ものの野菜などをあつかう)』もあります。

 

さて、お風呂なのですが(もちろん男湯です)

内湯のほかにサウナや露天風呂もありました。

露天風呂には、『虫しつけ係』からの看板が立っていました。

その看板には、『虫たちのしつけが行き届かなくて申し訳ありません』 と

記載されていました。なんでも

お客さんが来たのが嬉しいらしくて、おとなしくできなくできなくて出てきてしまう様なのです。

ちなみに私が行った時は、虫たちはおとなしくしていたのか?

目立って出てきませんでした。

 

お湯の効能については、

 

続きを読む
posted by ロン at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

薬と嘔吐と‥ (嘔吐物を喉に詰まらせ)

量にもよるかもしれませんが、睡眠薬や精神安定剤を服薬後

睡眠中に嘔吐物を喉に詰まらせ亡くなるケースは

意外と多いみたいです。

 

続きを読む
posted by ロン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

富樫洋一氏の逝去よりふと考える。

2006年3月9日(木)発行日のトトワンという

サッカーくじ予想&情報専門紙により

サッカージャーナリスト富樫洋一氏の逝去について知りました。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

2006年2月7日

取材地エジプトにおける宿泊中の事故でしょうか?

死亡原因がわからない部分がありますが、

続きを読む
posted by ロン at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

重さとウイルスの落下速度

今日は、インフルエンザについて記載します。

A・ Bとか、 ソ連型・香港型とか

感染してしまうと本当に苦しいアレです。

 

 

先日、インフルエンザに関する資料をいただいた。

資料には…

基本的にインフルエンザは飛沫感染であり、

特別な条件下では飛沫核感染もある…

また、手指を介した接触感染もあります…

など様々な事が記載されていました。

 

わかりやすく書くと

インフルエンザのウイルスは、感染者の咳やクシャミ

つば等により放出されたウイルスを吸入する事で感染するが

通常、そんなに遠い距離まで到達せず

せいぜい2メートル程度までで地面におちる。

しかし、乾燥していると湿気がない分だけ

ウイルスが軽くなり空間への滞空時間が長くなる。

しかも、感染者は身体にウイルスが付着している場合が多く

何らかの接触で感染する確率が通常より高くなっている。

 

こんな感じでしょうか…。

 

要するに一般生活における予防策としては、

外から帰宅したら『うがい』を行い、

帰宅時はもちろん、場合応じて『手洗い』を行なう。

部屋の『空気の換気』を時々おこないウイルスの停滞を許さない。

換気については、ちょっと前まで発病者が自宅にいて…

なんて場合なんかには、特に有効なのかなぁと思います。

あと『湿度を適度に保つ』と良いと思われます。

 

 

ちなみに、いただいた資料には

インフルエンザ発症中に使用していた着衣についても

記載されていました。

使用後は、通常の洗濯をして

日なたに干しておけばウイルスの感染性は消失する

との事です。

 

 

そういえば、飛沫感染等については、

以前、

続きを読む
posted by ロン at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

非ピリン系、生薬配合感冒薬(カプセル)にしました。

先週より引き続き風邪を引いています。もうやだ〜(悲しい顔)
峠を越えたみたいですが、どうやら『長期化するかも?』という気配です。
先日、薬が切れてしまい薬屋さんに行って来ました。

風邪薬の棚を見ても種類が多くて迷ってしまう。
若い薬剤師の方に聞いてみる。
『風邪の後期なのかもしれませんが、少し長引いていて…、どんな風邪薬が良いですか?』と…。
反対に薬剤師に聞かれてしまった。
『風邪の後期で!という薬は胃腸風邪では漢方でありますが、どのような症状でしょう?』
私は、症状を話す。
『のどに痛みがあり咳も出ます。関節にも痛みが残っています。』
薬剤師はこう答える。
『この症状で風邪の後期の薬というのはございません。総合の風邪薬で良いと思います。』
薬剤師と相談して風邪薬を選んだ。
カゼの神様、どうか私の風邪を治してください。
続きを読む
posted by ロン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

インフルエンザの予防接種は…

仕事中、内線電話がかかってくる。
『忙しくなければインフルエンザの予防接種を受けて…』との事
我々の職場は、人と接する事が多い事もあり
打てない理由のある人等を除いて、全員接種を受ける。
やる事はあったが、急ぐ用件ではなかったので『OK』を出す。

去年の予防接種では、接種後カゼをひいた。

今年は、続きを読む
posted by ロン at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

何故か薬剤の添付文書と透析になっちゃう

先月の事だったであろうか?
改正薬事法に伴う標示変更があったとかで
薬の販売元が新しいカタログや添付文書を持って来た。
非イオン性尿路血管造影剤について読んでみる。
『注意−医師等の処方箋により使用すること』等の表記が
追加になった程度で特に大きな変更点はない。
添付文書においてどうしても注意がいくのは
『警告』『禁忌』『原則禁忌』の欄
原則禁忌(次の患者には投与しないことを原則とするが…)の中で
腎臓についての項目が2項目ある。
確かに腎障害のある方にこれを使うのは抵抗がある。
この薬品の体外への排泄は、主に腎臓を通して尿として排泄される。
腎障害のある方は、排泄遅延を起こす事が考えられる。
ましてや、続きを読む
posted by ロン at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

除細動器(一般人でも使える医療機器)

最近、大きな会場や建物、旅客用の航空機にまで
除細動器(カウンターショックと言えばわかり易いか?)が搭載され
簡単な訓練を受けていれば使えるようになった。

ごく一般の人が使う除細動器は、半自動との事だが
誤作動を防止するためにフルオートな設計になっている様に思える。
したがって、説明書とアナウンスに従ってフタを開け電極を貼ると
自動的に簡単な心電図を測定し、ショックを与える必要の有無まで判定してくれる。


それでも、続きを読む
posted by ロン at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

足は、第2の心臓かも…。

肺塞栓症という言葉は知らなくても
エコノミークラス症候群という言葉は知っている方は
多いのでは?と思う。
少し前まで元気だった方が、歩き出した途端に
いきなりそれはやってくる。

肺塞栓症のメカニズムの一例としては、
続きを読む
posted by ロン at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

タウロミン

今年は、花粉症なのか眼がかゆい…、もともと皮膚疾患も持っている。
薬屋さんにタウロミンという錠剤をすすめられ飲んでいます。
何となくですが、効いている気がします。

説明文書にはこのように書かれていました。(一部記載)
『皮膚疾患の3分の1は湿疹・皮膚炎といわれ、近年鼻炎とともにこれらアレルギー症状をあらわす人が増加する傾向にあります。これには最近の衣・食・住等生活環境の変化に加え、季節・気候等外的因子、体内の変調、栄養状態、ホルモン分泌等内的因子などが深く関係しているといわれます。
タウロミンは、これらの原因による皮膚の炎症や鼻炎に有効な和漢生薬に、カルシウム、ビタミン、アミノ酸などの栄養成分を配合した、皮膚疾患・鼻炎のための内服治療剤です。』だそうです。

十味敗毒湯やヨクイニンを中心に配合されている事もあり、皮膚に良さそうです。
何となく花粉症も少し楽になった。「体質改善にもなる」と聞いているので
少し続けてみるつもりです。

http://www.midoridrug.com/osusumetauromin.htm
posted by ロン at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

マンモ

掲示板で下記のアドレスを紹介してもらいました。
なーるほど‥‥紹介してくれてありがとう。

http://www.ntv.co.jp/87/board/board0.html


乳癌の件ですが、もしも乳房にしこり等の異常を感じたら
専門病院の熟練した技師による乳房撮影(マンモグラフィー)を受けてください。
早期発見を!!

http://www.saijo-c-hospital.jp/manmo.htm
posted by ロン at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

ルイボスティ

2005/01/16 ら族様の書き込みです。

アフリカのお茶を紹介します。
お茶といっても、お茶の木とは違うらしい。(よくわからん?)
これは、急須でいれても、やかんでいれてもいい。
もっといいのは、ローカフェインでタンニンが含まれていないので、一度入れたお茶を温めて飲むことが可能です。
匂いをかいだだけで鼻詰まりがなおるし、アレルギーの緩和や歯を丈夫にする作用があるそうで、飲んだあと口がサッパリします。
ネットでも買えますので一度ためしてみてください。おすすめです。



続きを読む
posted by ロン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。