2005年11月27日

ロシアノコロシアオソロシア(ロシアの殺し屋おそろしや)

ここ数年、寒いオヤジギャグがチョット流行っている。
たとえば『布団が吹っ飛んだ』とか『トイレに行っトイレ』とか…

でも、この『ロシアノコロシアオソロシア』は、
ちょっと考えてしまう事がある。
それは『恐露』という言葉があるからです。
帝政ロシア時代から、ロシアの領土的欲望は強かったと聞きます。
また、当時のロシア兵の中国での残虐さも物凄かった事があったと聞きます。

WWU当時の一部?日本軍の残虐さを考えるとあまり言えないのですが…、
『大国意識』みたいな意識は、時に人を狂わす事があるらしい…。
人は、『強い立場である程 衿を正し行動する必要があるのだなぁ』などと思う。
意外と難しい事かもしれないが…。

参考文献
『教科書が教えない歴史』普及版
posted by ロン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

四十九歳
Excerpt: ご無沙汰しております。津々浦々です。 記事を更新しましたので、宜しければお立ち寄りお願します。
Weblog: 徒然エッセイ
Tracked: 2005-12-02 00:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。