2005年10月26日

最近のデジタルカメラは、画質が良いですが…

昨日、デジタルカメラを買ってきました。
購入した品は、多機能でも超高画質でもありません。
SANYOの普及型と思われる機種です。
購入日(2005年10月25日)現在、処分品あつかいになっていました。
そのためか価格もお買い得!!
セット購入価格(メディアなし)では、1万9千円を下回っていました。
店員は「画質は良いです。しかし、ピンキリで言われればキリです。」と、
はっきりと言っていました。

しかしながら、400万画素クラスであり
デモで撮ったスチル写真の画質も悪くなかった。
電源は、出先でも確保しやすい単3乾電池
何かと重宝しそうです。

それにしても…、本当に最近のデジカメは、画質が良くなったと思う。
しかし、それゆえの問題もある。
ワードやエクセル等にデジカメの写真を
全くリサイズ無しに貼り付けた場合、貼り付けたスチル写真の数が多いと
場合によっては、ワードやエクセル等のファイルの大きさが
数十MB単位となり、あまりに大きくなりすぎます。

あまりに大きいワードやエクセル等のファイルを
パソコンで扱う場合、パソコンの種類によっては
作業中にパソコンがフリーズを頻発してしまう場合があり得ます。

もし、そうなりそうな場合
デジカメの画像をそのまま使わずリサイズして
扱いやすい適当な大きさにしてから使用してください。
解像度の調節などで可能と思います。
高画質と扱い易さのつりあうスチルサイズって…どのくらいなのだろう?
posted by ロン at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 電気機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
適切なスチルサイズはわかりませんが、
ロンさんはどうやって貼り付けていますか?
貼り付け方で重さが変わってきます。
一番軽くする貼り付けは「図」です。
「形式を選択貼り付け」で行います。

他にも、画像の色数を調整して
軽くする方法もあります。
写真をとる時点で色数を落とす方法も
ありますが、後でソフトで落とします。
(加工前後両方保存しておけば
あとで変更できます)
プレゼン用なら256色にします。

配布用であれば、高画質のまま使います。

一度色数も検討してみてください。
Posted by ら族 at 2005年10月28日 21:22
私の貼り付け方は、
『挿入』⇒『図』⇒『ファイルから』の操作より
写真を選択するのが大部分です。
その後『図の書式設定』を行ないます。
『形式を選択貼り付け』については知らないのですが
確かに、画像の形式については、jpgやgifやtif等あり様々、
形式によって画像ファイルの大きさが違うみたいですね。

色数の調整については、私はあまり行なわないのですが、
bmpにしても256色とか24ビットとかあるみたいで
確かに、プレゼン用なら色数を落しても…
という場合があると思います。

私の場合は、写真サイズが小さめでも
ある程度の解像度で、色の階調もしっかりしたモノが必要なので
例えば500万画素クラスの場合、4分の1にします。
それでも125万画素、十分です。

それから、当たり前の話なのですが
編集前の元画像には手をつけず、編集終了後の画像は、別名保存しています。
トーンカーブ等で画像の調整をしますが、
編集失敗した時、元画像があればやり直しが可能ですから…。
Posted by ロン at 2005年10月29日 10:51
ら族さん、とても様々な事に詳しいですね。
知らなかった事もたくさんあり助かっています。

いつもコメントありがとうございます。
Posted by ロン at 2005年10月29日 11:40
いえいえ。
仕事柄デジカメで撮った写真を加工をするので
知っていただけです。
私も勉強したわけでなく、上司の口伝えで
学んだので、間違っていることもあるかと
思います。
おかしかったら教えてくださいね。
Posted by ら族 at 2005年10月30日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8631674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。