2005年10月20日

息が続かなくても…。

もう、かなり以前の話になってしまいましたが…
某学校の吹奏楽部の生演奏を聴く機会があった時の話をします。
“唱歌”や“童謡”、“懐かしいもの”から“ごく最近のもの”まで
様々な演奏を楽しませてくれました。

まず最初に、ホール全体に楽器の音色が響きわたり
『やっぱり、生の演奏は違うなぁ…』と思う。
でも、演奏しているトランペットの女の子の
息が続かない部分があり、どうしても音が出ない部分ができてしまう。
かなりの肺活量が必要なのだろう…。とても苦しそうだ。
私は、思わず「頑張れ!!」と、とても小さな声でつぶやいてしまった。
でも、そんな『一生懸命さ』がとてもいじらしくて、また素敵に感じた。
中学生らしい“精一杯さ”“礼儀正しさ”が心地よい演奏会でした。
posted by ロン at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよう!
昨日は保育園の訪問演奏でした。
昨日は大変疲れて・・・・
PM9:30に子供と一緒に寝てしまった〜
年だなあ〜
Posted by デッチ at 2005年10月21日 06:24
昨日は、プールに行って泳いで?来ました。
身体の動きとか、水の感触とか…
年月の経過にともない少しずつ変わって来ました。
これも老化現象の一つなのでしょう…。

コメントありがとう。
Posted by ロン at 2005年10月21日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8391865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。