2005年07月20日

愛知万博、20万人をこえた日、私たちは…。

7月17日(日)
万博に21万人の入場者があった日、私もその中の一人だった。
私がゲートに到着した時、既にかなりの人がならんで開門を待っていた。
3連休の真ん中の日でもあるが、
以前と比べ、最近だんだんと行列の混み具合が厳しくなっている気がする。
通常より30分位早めに開門された。

西ゲートより入場、思っていたよりも早く入場ができた。
今日の目当ては“ドイツ館”、さっそく並ぶが1時間30分待ちであった。
“ドイツ館”に入ると森を思わせる様なうす暗い空間、
小さい子供は不気味に感じ、怖がるかもしれない。
メインのコースターの入り口には、
流暢な日本語を話すドイツの美しい女性
乗り物に乗る人員の整理をしていました。
順番が来て乗り物に乗る。
映像・ナレーション・展示物によりドイツの自然・歴史・技術力を強調!!
乗り物は、動き方に精度感があり「カチッ、カチッ」と動く。
速く動く時の加速感もそうとうある。
しかし…この動き方は、小さな子供には怖いし
体調の悪い人は、酔ってしまうのではないかと思う。

子供が疲れた様子、早めの食事をかねて休憩する。
お弁当を持って来ていたが
天気が曇りという事で温かい汁物が欲しくなり、
西エントランスの下の部分でチャーシュー麺を一つ注文し分けて食べた。
味付けが濃く感じたが美味しい!

午後は、まず“オーストリア館”に入る。
そこでは、そりすべりが体験できる。
主に子供が楽しんでいたが
大人は、座って“ひと休み”している人が多かった。

その日は、いつもは行列のない“わんぱく宝島”に入るにも30分待ち!!
実は、ドイツ館で入場待ちしている時に
もう一人に、できる限り午前中、午後の予定を予約してもらった。
“バナナの繊維を使った紙すき”を予約しておいた我々は、
予約しておいた時間がせまっていた事もあり
都合により優先的に建物内に入らせてもらえました。

この日は、企業館側には行っていない。
もし、そちらに行っていたら…もっと混雑し
どのパビリオンもスムーズに入場できなかったかもしれない。
posted by ロン at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊んできました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜い!
会場の中は人の熱気ですごい気温ですよね。
39度なんて信じられない。
(ロンさんはうす曇と書いていますが)
もう一度地球博に行きたい気持ちはあるんですが、
暑さと日差しと人ごみに負けそうで
計画さえも立てられません。
また、地球博にいくことがありましたら、
レポート御願いします。m(__)m

Posted by ら族 at 2005年07月25日 00:02
コメントありがとう。
職場の新聞の関係で掲載できないのが一つあります。
八月掲載予定です。
ご期待ください。
Posted by ロン at 2005年07月25日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。