2005年06月28日

『伝承する』という事

先日、テレビを見ていたら
トヨタ系の部品メーカー“アイシン精機”の試みについて取り扱っていた。
以前より、昔に活躍していた車のレストアを行っており
2005年、カローラ1100が38年ぶりに復元された。

旧車復元の目的は、過去の車を再現する事により
構造や仕組み、技術の伝承をする事にある。
野ざらしになっていた車を分解し、洗浄し、
足りなかったり破損のはげしい部品は、型紙を起こす所から再生されていく。
その中で、その車に使われていた部品の機械構造などを覚えていく。

実は最近、リストラや海外委託により
技術流失があり、また、技術伝承も難しい状況になってきている。
手法や手順は、記憶媒体で残すことができるが、
個人的なノウハウは、
実際に経験したり諸先輩に注意されたりして覚えるものである。
これは、車の業界だけの話ではなく、様々な業種にあてはまる。

バブル全盛の頃は、様々な事を教えてもらい経験し
大なり小なりその時なりの切磋琢磨していた様に思う。
今になると、その時に教えてもらった事を、あり難く思っている。
posted by ロン at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。