2007年03月11日

インフルエンザとタミフル、結果が待たれます。

外国では、子供には日本ほどホイホイ処方しないという『タミフル』

日本のような処方しかたは、珍しいみたいです。

副作用の報告数も日本からの報告が結構多いみたいです。

 

最近副作用のうち精神症状が世間で騒がれています。

しかしながら

これを(幼い子供にも)安心して使えないと将来困るという

現状もあるみたいです。何故かと言うと例えば

普通は人に感染しない鳥インフルエンザが変質して

人に感染して猛威を振るうなどの場合、要するに

新型インフルエンザ対策なのですが

その特効薬と考えられている部分があるのです。

 

精神症状としての行動例としては

寝ていた子が、いきなり起き上がって走る‥とか

幻覚を見て意味不明な言葉を言う‥とか

という巷のウワサです。

 

服用時には観察を怠らないように‥という事ですが

でも‥怠らないようにするのは無理があるかもしれないと

思うのです。ちょっと考えてみましょう。

 

さすがに夜中の寝ている時は、やっぱり疲れていますし

観察を怠らないようにと言ってもさすがに無理があります。

場合によっては、そんな時間帯に子供が副作用を‥

夜中にむくっと起き上がりダーと走り出す事もありえます。

そして『あれーあれーなあい(例)』とか言い出します。

でも実際は、何を探しているのやら

何を見て‥何を言っているのやら

こんな時、夢を見ているのか幻覚を見ているのか?

(後で聞くとその時の様子は全く覚えていないそうです。)

この時点で早い時点で誰かが気がついてあげられれば 

助けてあげられる命もあるのかもしれません。

しかしながら、異変に気づいてあげられない場合は

親が全く知らない時に起きた事故

つまり転落事故とか飛び出しての事故とか

やはりあり得ると思われるのです。

 

事故が立て続けにあったためか‥

厚生労働省が因果関係を調べ始めました。

今回は、何時に飲ませて何時に症状が出たのかまで

詳しく調べるみたいです。

はたして、この最近事故のあった症状は、本当に副作用か?

それともインフルエンザウイルスが起こさせるものなのか?

そして、飲ませる時間帯、いつが良いのか。

一刻も早い結果報告が待たれます。

 

ところで、看病中

観察していて異常行動などの副作用が発見され

『おい!どうしたんだぁ』という場合、どのようにそれに対応をすれば

良いのかなぁ?‥とりあえず四択にしてみました。

 

@ おい、どうしたんだぁ‥と身体をゆする。

A きっとおトイレで起きちゃったんだね。 済ませて寝なさい。と気をそらす。

B 安全だけ確保し、落ち着くまで静観する。

C その他

 

その場合の介抱し方もわかればと思いますが

正直なところ‥私はわかりません。でも、私は一応Aかな?

以上、今年度も子供は風邪を引きましたが

インフルエンザじゃなかった分ホッとしているロンでした。

posted by ロン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。