2006年02月07日

スライドドアの恩恵は十分承知していますが‥。

先日、新聞でスライドドアが危ないという記事が掲載されていました。

手とか頭とかを車のドアで挟んだという事故の事です。

そういえば、独立行政法人の国民生活センターによる報告によるものが‥‥。

スライドドアが原因の事故は、子供に、 特に就学前の子供の事故数が多いそうです。

という事は‥『ドアを閉める時、お子さんの行動に注意をしてください』

という事なのかな‥と感じます。

 

しかしながら、

親の行動ばかりが原因とは思えないと私は思う。

確かに最近の車は、はさみ込み防止装置が付いている車が多くなっています。

しかしながら場合によっては、その手の車でも挟み込む事故はありえるそうです。

まだまだ、はさみ込み防止装置には改良の余地があると思うから‥‥、

さらなる安全性の確保をお願いしたいものです。

 

それにしても、どのようなスライドドアの設定が良いのだろうか?

国民生活センターは、 『車両の周辺状況がわからないような離れた位置からスライドドアを操作する事は危険』という報告をしています。

今ドアを閉めてあげる立場の私としては、注意してあげる事しかできませんが

今後、技術や安全の向上で、電動スライドドアを閉めるにしても

ドアグリップに手をかけていないと動かない(危険を察して手を離すと止まる) とか

閉める最中に逆方向に力がかかった場合、 閉める動作がストップしドアが開くとか

『何か良い方法を考えてほしいなぁ』 と自動車を作るメーカーの方にお願いしたい気持ちです。

お願いする事しか我々にはできないのだから‥‥。

posted by ロン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。