2006年01月19日

bB 2006年1月ショールームにて

昨日、ネッツ店でトヨタbBを見に行き、ついでにカタログももらって来ました。

現物もショールームに展示していましたが

まず、車の外装デザインを見てみる。

サイズとしては、FMC前よりも小さなサイズなのに重厚感があり

そんな中にツルっとした丸さがある。

何かちょっと“オシャレになったワル顔”という感じです。

また、前から見ても後ろから見てもデザインに共通性があり

よく考えてあると思いました。

 

内装としてはまず、ダッシュボード上のアーチ状の造形に目が行く。

その真ん中にセンターメーターを配し

そこから腕のように伸びているアーチの先の部分

“噴出し口(左右)”と“インパネツィーター(左右)”が配備

噴出し口の位置は高い位置に配置(当然ながら噴出し口は若干上向き)している。

そういえば、センターメーターより少し手前の位置にある中央の噴出し口ふたつも

高い位置にあり結構上向きに口がある。

これは、冷房使用時に冷気ができるだけ上の方に広がる様に

という配慮に思える。

インパネツィーターですが搭乗者に向かって前向きに付いているのは

やはり好感が持てます。(オーディオ等については後で少し記載)

 

運転席に座ってみて着座姿勢を試してみる。

足の位置にあわせシートを前後させ、運転できる好みの角度にあわせる。

手を伸ばして普通にハンドルを掴もうと思うのだが…届かない。

掴んでみると意外と手が伸びた格好となり

ハンドルまでの距離が結構遠く感じる。

ステアリング系に調節機能があるか探ってみる。

操作してみるが、チルドステアリングしかありませんでした。

これでは、上下方向の調節はできるが前後方向の調節ができない。

体格は人それぞれ、体格の大きい人が多くなっている昨今、

モデルチェンジ時には、テレスコピックの装着を私は切望します。

 

運転席から見ると、ステアリングの奥にシフトレバーがあり、

さらにその奥にオーディオ本体の入るスペースがある感覚‥‥。

そう考えると、オーディオ本体がすごく遠く感じる。

一部グレードを除いて基本的にラジオレスになっている。

装着できるオーディオに純正の『CD・AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ』があるのだが‥‥

しかしながら、その場合『アームレストコントローラー』が付くのであろうか?

展示されていた Z“Q version”というグレードには標準で

純正の『CD・AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ』 『アームレストコントローラー』

装備されていました。音は、悪くなかったです。

『アームレストコントローラー』については、かざり程度にしか考えていなかったのですが

手元で操作できるのはやっぱりいい。

できれば、ジョグダイヤルなんかも付いていて感覚的にあつかえ

手元を見ずに操作できればもっと良いと思うのだが

そこまで要求するのは欲張りすぎるのであろうか。

できれば、ナビゲーションを購入した場合でも手元で操作できれば‥‥とも思う。

どうなのだろうか?

 

私が感じたのは、

「ここからメーカー側で手を加えればとてもよい車種になるかもしれない」

という事です。

ただし、試乗車に乗っていないので、その部分の評価は保留かな?

気持ちよく自然に走行してくれたら良いと思います。

posted by ロン at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンカーゴが廃盤になってしまったので、
bBに乗ろうとおもっっていました。
が。。。。色使いが男性向き。
なかのシステムも。
彼女とデートには最高でしょうけれど。

ネッツでファンカーゴに乗っていた人は
なにに乗り換えるんだろう?
よって多分、ポルテに乗ることになると思います。
Posted by ら族 at 2006年01月20日 21:54
私の場合は、まったりシートとかいらないので、最低限ステアリングにテレスコピックが欲しいです。

確かに、内装の色が女の子モードなグレードもあっても良いかな…
とも思います。
Posted by ロン at 2006年01月20日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。