2006年01月17日

最近の自動車の発進加速は‥‥

私が車の免許を取得してから 様々なモデルが登場し、

そして… 消えていきました。

『いいなあ』 と思いながら都合上買えなかった車種もあれば

所有し、 いろいろ運転していて勉強になった車もあります。

私の運転した車種について振り返ってみます。

 

トヨタ、 ホンダ、マツダ、ダイハツの車をマイカーにした事があります。

あと、 スズキのエリオにも試乗した事があります。

ニッサン、 スバルなどもそのうち試乗できたらとか思っています。

あくまで、 機会があり気に入った車種があれば…という話になりますが…。

 

ここからの話は、

乗った車の車名といつ頃乗っていたかは記載しません。

(年がバレてしまいますので…。)

 

私が最初にマイカーとして運転したのは、

キャブレター仕様の3ドアHBでした。

とても非力なエンジンで、 あまりにも加速しないので

アクセルの踏み込みがどうしても強くなり

燃費が意外と悪かった事を覚えています。

高速に乗るときでも少し困りましたが

速度が出てしまえば、 気持ちよく走行しました。

『骨格とかが当時としては良かったのかなあ?』などと

今になって思います。

しかしながら、 運転席に座っていて…

なぜかしっくりとこないシートでした。

 

次にマイカーにしたのは、 ライトウェイトなクーペタイプでした。

クーペタイプだからエンジンも超強力だろうと思われるかもしれませんが

必ずともそうは言い切れない部分もありました。

発進加速はむしろかったるく感じるくらいでした。

しかしながら、 走り出してしまえば気持ちよく

(きっと、 サス等のセッティングも良かったのでしょう)

中高速域の加速のノビは、 素晴らしいものでした。

仕事帰りお酒を飲んで、 帰る前に

車内でシートを倒して寝てしまう事が当時あったのですが

リクライニングシートが心地よく熟睡してしまって…

きっと、 シートの出来も良かったのでしょう。

 

次に乗った大手メーカーの2台は多くを記載しませんが…

一言ずつ書くならば、 先に乗った小型車は

『難もあるけど車重が軽い事は良い事もあるのだなあ』と感じました。

後に乗ったミニバンタイプの小型車については

『車重・骨格・足回り・加速プログラム』について考えさせてくれました。

 

あと、 試乗したスズキ車についてですが

動き方が 自然でなかなか好印象でした。

スズキの本気モードの実力なのかもしれません。

スズキの最近の小型車(軽ではない)は、

スイフトでRJCのタイトルに輝いたりと

評価も高くあなどれません。

 

数年前から乗っているのは、 軽専業と言っても良い

あの会社で生産された車です。

現行の軽規格で室内も幾分か広くなり

税金の関係もあっての選択です。

軽だけに安く作っている感じは、 どうしてもありますが

発進して走行して止まるまでの動きが自然とは言わないまでも

動き方には納得しています。

この車に乗っていると現行で走っている普通車が

発進時点から 異常なほどにとても速く感じます。

 

(負け惜しみかもしれませんが、 )こんなに発進加速が強くて

我々シロートがイザ危ないという時に車を制御しきれるのであろうか… ?

などと考えてしまいます。

また、 車種によっては発進加速を強くしすぎなのか

それを過ぎたあたりで加速が… という場合もあるみたいです。

皆様の発進加速についての考えはどうなのでしょうか?

ちょっと聞いてみたいと思う最近です。

posted by ロン at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
Posted by uchi at 2006年01月17日 20:34
uchiさんのコメントは、SNSのmixiからのおさそいでした。
Posted by ロン at 2006年01月17日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。