2006年01月11日

無線LANをハイパワータイプに買い換えました。

パソコンの買い替えに伴い、
無線LAN子機の変更(カードタイプ→キータイプ)が必要となりました。
ところが、変更しとたんにデータの伝達速度が遅くなり
場合によっては、接続不能な状態になってしまいました。
親機−子機間の距離や障害物』『子機の能力や性格
あと『親機と子機の相性』もあるのでは?と感じます。

思い切って親機と子機を同時に交換する事にしました。
電波ものであるので
どんな機種でも確実に接続できるという可能性はない。
そのため、できるだけ電波が自宅の隅々までよく届く機種を選択しました。
BUFFALO ハイパワー無線LAN BBルータ、イーサネットコンバータ(子機)セットです。
下の写真の機種です。

SANY0041kai.jpg

11日現在、無事接続終了。
以前の機種以上にストレスの少ない接続環境を得ることができました。
posted by ロン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11588836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。