2005年08月31日

『踏ん張ろう』

朝の通勤途中、ラジオを聞きながら車を動かす。
その時間、FM AICHIのモーニング・グルーブがON AIR
内藤 聡 さんがパーソナリティの番組です。
ラジオには、いろいろな悩み事の相談も寄せられる。
その時に彼がリスナーを励ます時に『頑張ろう』とは励まさない。
『踏ん張ろう』と励まします。
リスナーの反応も上々です。

確かに今のストレス大国の日本では、その方が良いのかもしれない。
「今でもかなり頑張っているんだけど…、それ以上に頑張るの?」
なんて方もいっぱいいますので…
だからこそ、今は『踏ん張れ』なんですね。
そうFMラジオから放送されていました。
posted by ロン at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

教科書が教えない歴史

教科書では、教えていない(または教えない)歴史がある。
先日、教科書が教えない歴史 普及版という本を買ってきた。
とかく過去の旧日本軍による行為等を諸外国に指摘される事の多い最近の日本だが
実は、世界に誇る事のできる輝かしい歴史もあるのだ。
そして日本人は、『必要以上の負い目を感じる必要はないのだ』
などと感じさせてくれます。
先人たちの偉業を改めて理解しなおすのも良いかもしれません。

この本は、1と2が産経新聞ニュースサービスより発行されていたと思いましたが
普及版では1冊税込み500円、両方買っても千円です。
ちょっとお徳かもしれない。

この本を読むに当って理解しておく事がある。
大東亜戦争は、どんな形であるにせよ欧米列強の植民地支配に苦しむ有色人種の抵抗であり、各国の独立の機会になった事は間違いない。しかし、あまりにもやり方を間違え、手を組むべきアジアの隣国に迷惑をかけてしまった。もし、違うやり方で隣国と接していたら同じ敗戦でも現在の隣国との関係もだいぶ違っていたであろう。などと個人的に思っている。
posted by ロン at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

自由研究のおしべとめしべと、しっかり向き合う事

8月も残り少なくなってきました。
この時期、夏休みの宿題ラストスパートに
付き合わされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
たとえば『読書感想文』とか『日記』とか『工作』、
そして、学年によっては『自由研究』とかもある。
夏休みの宿題は、本当に盛りだくさんだ!

ここに、今年が初めての自由研究の子がいる。
一生懸命、花のスケッチをしていた。
どうも『夏に咲く花々』について調べているらしい。

どうやら下書きができたらしい。
続きを読む
posted by ロン at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

第178回toto、J1リーグ戦再開

2005年8月20日、J1は第19節よりリーグ戦が再開される。
各チーム選手補強が行なわれており、それが吉となるか凶となるかわからない。
たとえば、浦和 × F東京
浦和は、2人の外国人選手が入団したし
F東京は、FWで1人入団した。
それぞれの選手がすぐにチームにとけこめるか疑問であるし
各選手同士の連携についても未知数である。
練習試合で結果を出している選手もいるが、あくまで練習試合!
そういう意味で今節は未知な要素が多い。


あまり資料にはならないが、第13節〜第18節までの
続きを読む
posted by ロン at 19:54| Comment(0) | TrackBack(1) | toto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ニューモデルマガジン・エックス、No.217

MAG・X誌・217の『ニュースX線』を見てみる。
『2005年1月〜6月 国内販売台数』が載っている。
前年同期と比較して各メーカー売上を順調に伸ばしている中
ホンダは『横ばいから微減の傾向』、三菱は『大きな落ち込み』があった。

意外と延びなかったのが富士重工業、続きを読む
posted by ロン at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知万博、『モノづくり、ユメづくり Brother OUTPUT FUNTASY』

ここは、子供たちにはとても楽しいと思う。
ブラザーの技術が創り出したアトラクションです。
場所は、長久手会場の企業パビリオンゾーンBにある
『夢見る山』の入口に位置しています。
メインは、ステージショー(ステージ毎抽選でプレゼントあり)です。

まず、ブラザー館に入ってから
ステージショーの記念撮影参加者は、その待機位置に並びます。
参加証明用で首にかける札が配られます。
ショーは、その時その時で違うと思いますが
ダンサーやピエロ(クラウン)やマジシャンによるショー、ロボットも参加します。
記念撮影はショーの後、ステージ上で行ないます。
写真は高速プリンターで印刷されますが、写真の排出スピードは本当に速い!
写真は、首にかけていた札と交換します。

ショーの記念写真において『当たり』だった人には、プレゼントがあります。
続きを読む
posted by ロン at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊んできました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故か薬剤の添付文書と透析になっちゃう

先月の事だったであろうか?
改正薬事法に伴う標示変更があったとかで
薬の販売元が新しいカタログや添付文書を持って来た。
非イオン性尿路血管造影剤について読んでみる。
『注意−医師等の処方箋により使用すること』等の表記が
追加になった程度で特に大きな変更点はない。
添付文書においてどうしても注意がいくのは
『警告』『禁忌』『原則禁忌』の欄
原則禁忌(次の患者には投与しないことを原則とするが…)の中で
腎臓についての項目が2項目ある。
確かに腎障害のある方にこれを使うのは抵抗がある。
この薬品の体外への排泄は、主に腎臓を通して尿として排泄される。
腎障害のある方は、排泄遅延を起こす事が考えられる。
ましてや、続きを読む
posted by ロン at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

緊張するとトイレに…

子供は、どうしても緊張のためトイレに行く回数が多い場合がある。

原因は様々、
『とても嫌いな食べ物が食事に出た時』
『初体験な出来事に出くわした時』
『子供自身にとって怖そうな事がある時』
また、子供によっては『寝る前に…』というのもある。
そして…『親に怒られた時』も…。

親の緊張感も子供に伝わると言います。
そう考えると、ウチの子供が万博において
ゲート入場前やパビリオンに入る直前にトイレに行きたがる理由がわかる。
入場前の何となくピリピリした感じが子供には伝わってしまうのであろうか?
もっと親がゆったりと身構える事ができれば良いのだが…、
なかなかこれが難しいんだよなぁ…。

http://www.lcv.co.jp/9ch/pretama/doc/index0505.html
posted by ロン at 21:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

愛地球博、愛知県にしかできない事

最初、万博の開催は当初
『海上(かいしょ)の森』のみで行われる予定になっていた。
しかし、開催反対の意見が多く、結果として二ケ所での開催となり
瀬戸会場は『海上の森』の端の位置に規模を縮小して建設された。
その端っこに『瀬戸愛知県館』がある。

setoaitim-mayu.jpg

この建物のメインは『森の劇場』、海上の森の四季∞生き物≠フ記録を
迫力ある映像と気持ちいいサウンドで体感させてくれる。
この建物を建設する際にコナラの木を1本切る必要があった。
続きを読む
posted by ロン at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊んできました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイブーム、鐘庵(蕎麦屋)のソバと牛丼

ちょっとB級グルメ?なのかもしれないが、最近、鐘庵のそばと牛丼にハマっている。
食べていて鐘庵で使っている素材の良さを感じるのだ。
店内でもポスターを使ってそれを宣伝していたが、ネットでも確認してみた。

蕎麦粉は国内産、だしには日本海の小魚を使っている。
鐘庵独自ブレンドの米は特Aランクの減農薬米だそうで
福島の『ひとめぼれ』と山形の『はえぬき』を使っている。
我が家では、ずっと以前に『はえぬき』やそのブレンド米を好んで食べていた事があり
そのクオリティの高さはわかっていたつもりであったが、正直、その時以上に美味しく感じた。
京都・丹波の水や炊き方の違いかもしれない。

牛丼は、牛肉を鐘庵自慢のそばつゆとそば湯でじっくり煮込まれる。
それを鐘庵独自ブレンドのご飯の上にのせて
しかもその上に千葉九十九里産の有機栽培のねぎである。
これはもう『こだわり』の世界‥‥、美味しいはずである。
そう考えると、とてもリースナブルな一杯である。

鐘庵で一番オススメは、あげたての『桜えびのかきあげ』
お刺身としても最高級な駿河湾産の桜えびを使っています。
posted by ロン at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ステップワゴン、2005年7月現在のカタログより

最近、セレナにステップワゴンと
ファミリー層の購買心をくすぐるモデルの新型がデビューしている。
背高の容積型のミニバンは、
車酔いしやすい子供のいる家族には不向きな場合があるが
今回のステップワゴンは『低床・低重心パッケージ』を唱えている。
操縦安定性への恩恵が大きいし乗降性にも良い。
全高は多少低くなっているが、低床化により
室内空間におけるスペースとか居心地はしっかり確保しているらしい。
早速カタログを入手した。

2から8ページ、13・14ページは、各角度から見た外装デザイン
そこで気になったのは、スライドドアの持ち手のデザイン
確かに持ち手が横の方がデザイン的に美しいが、

続きを読む
posted by ロン at 18:09| Comment(1) | TrackBack(1) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。